科学技術の社会変容

奥田栄 著

新しい視点からの科学技術社会学。社会に影響を与える技術はそもそもどのように形成されるのか。技術変化を引き起こす社会的要因とそのメカニズムは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 技術予測はなぜ当たらない
  • 第2章 17世紀イギリスにおける近代科学の成立
  • 第3章 科学の制度化
  • 第4章 科学の体制化と科学動員
  • 第5章 科学社会学の誕生
  • 第6章 科学知識の社会学
  • 第7章 技術の社会的形成
  • 第8章 ポリエージェント技術論の試み
  • 第9章 企業、研究者、政府
  • 第10章 巨大技術システムの発展
  • 第11章 ARPANETの発展
  • 第12章 インターネットの発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学技術の社会変容
著作者等 奥田 栄
書名ヨミ カガク ギジュツ ノ シャカイ ヘンヨウ
シリーズ名 シリーズ・社会科学のフロンティア 第3巻
出版元 日科技連出版社
刊行年月 1996.3
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4817161809
NCID BN14067901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想