ケンペルのみた日本

ヨーゼフ・クライナー 編

エンゲルベルト・ケンペルは、1690(元禄3)年、長崎オランダ商館付の外科医として、日本を訪れた。戦乱に倦み疲れた西欧を離れ、五代将軍・綱吉の治世のもと、徳川政権が最も栄え、泰平の世を謳歌した元禄の社会と文化を、ケンペルはどのように観察し、そして記録に残したのか。日・独・英の研究者により、克明な見聞記『日本誌』を読み解き、"とざされた国"の状況を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ケンペルと日本(エンゲルベルト・ケンペル
  • ケンペルとヨーロッパの日本観)
  • 第2部 ケンペルとその時代(元禄時代の経済と社会
  • ケンペルのみた元禄の社会と文化 ほか)
  • 第3部 ケンペルの眼から(ケンペルと比較文化の眼
  • 急浮上した世界のケンペル研究(座談))
  • 第4部 ケンペルの日本資料をめぐって(『日本誌』と英国に伝わるケンペル遺産
  • ケンペルと今村源右衛門英生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケンペルのみた日本
著作者等 Kreiner, Josef
Josef Kreiner
クライナー ヨーゼフ
書名ヨミ ケンペル ノ ミタ ニホン
書名別名 Kenperu no mita nihon
シリーズ名 NHKブックス 762
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1996.3
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4140017627
NCID BN14063398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97038471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想