源泉徴収と年末調整 : 納税者の意識を変えられるか

斎藤貴男 著

給与所得者、すなわちサラリーマンの給与はすべて、概算された所得税額を源泉徴収した上で支払われている。そして勤務先が国を代行する年末調整によって過不足分が清算される。煩わしい年度末の確定申告の計算から解放される便利なシステムだが、このような税制の仕組みが国民の納税者意識を低くしてはいないだろうか。意外に知られていない納税システムの歴史的経緯を辿りながら、税金論議の前提となる諸問題を読者に提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦時増税の手段として
  • 第2章 源泉徴収・年末調整の意義と仕組み
  • 第3章 メリットとデメリット
  • 第4章 源泉徴収制度をめぐる代表的な裁判事例
  • 第5章 給与所得控除とその他の矛盾
  • 第6章 問題点の整理と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源泉徴収と年末調整 : 納税者の意識を変えられるか
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ ゲンセン チョウシュウ ト ネンマツ チョウセイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.3
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4121012917
NCID BN14060629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96064659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想