ロバート・オッペンハイマー : 愚者としての科学者

藤永茂 著

物理学に罪はあるか。「原爆の父」、初の本格的評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 優等生
  • 2 救いと物理学
  • 3 美しき日々
  • 4 核分裂連鎖反応
  • 5 ロスアラモス
  • 6 トリニティ、広島、長崎
  • 7 プルーデンスに欠けた男
  • 8 核国際管理の夢
  • 9 戦略爆撃反対
  • 10 オッペンハイマー聴聞会
  • 11 物理学者の罪
  • 12 晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロバート・オッペンハイマー : 愚者としての科学者
著作者等 藤永 茂
書名ヨミ ロバート オッペンハイマー
書名別名 Robato oppenhaima
シリーズ名 朝日選書 549
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1996.3
ページ数 367p
大きさ 19cm
ISBN 402259649X
NCID BN14014530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96049004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想