生活環境論

岩槻紀夫 編

今日、環境問題に対する人々の関心は、ますます高くなっている。しかし、残念ながら現状の改善の歩みは遅く、成果はまだ見えてこない。経済活動の拡大のために、環境を無視しようとする社会風潮は、いぜんとして強い力を保っている。そのため、地球の環境は悪くなる一方であり、生態系の衰退はとどまることなく進行している。途上国の経済的困難は人口増と貧困に苦しむ人々を増やしている。本書は、初版(1991年)以降の環境問題をめぐる大きな動きをふまえて、内容を全面的に見直し、データも新しいものに取り換えたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 生活と環境
  • 第1章 地球と人間
  • 第2章 生物と環境
  • 第3章 生物と人間
  • 第4章 公害と生活
  • 第5章 環境の都市化と公害
  • 第6章 地球規模の環境問題
  • 第7章 快適環境と人間の生活
  • 第8章 資源開発と環境保全
  • 第9章 環境の法と環境アセスメント
  • 第10章 技術と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活環境論
著作者等 岩槻 紀夫
書名ヨミ セイカツ カンキョウ ロン
書名別名 Seikatsu kankyo ron
出版元 南江堂
刊行年月 1996.3
版表示 改訂第2版.
ページ数 166p
大きさ 26cm
ISBN 4524212256
NCID BN14011791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96057487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想