化学結合論

ポーリング 著 ; 小泉正夫 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 共鳴と化學結合 / 1
  • 第2章 共有結合の部分的イオン性と原子の相對的電氣陰性度 / 35
  • 第3章 有方性共有結合,結合強度と原子價角。結合型の磁氣的判定 / 84
  • 第4章 數種の原子價結合構造の間に於ける分子の共鳴 / 137
  • 第5章 原子間距離と其の分子構造及び結晶構造との關係 / 176
  • 第6章 分子内に於ける共鳴の型 / 213
  • 第7章 二重結合性を帶びた結合を含む分子並びに錯イオンの構造 / 250
  • 第8章 一電子結合と三電子結合 / 284
  • 第9章 水素結合 / 312
  • 第10章 イオンの大さとイオン結晶の構造 / 367
  • 第11章 金屬結合 / 436
  • 第12章 共鳴に關する總括的考察と化學に對する共鳴の意義 / 459
  • 索引 / 469

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学結合論
著作者等 Pauling, Linus
小泉 正夫
ポーリング
書名ヨミ カガク ケツゴウロン
書名別名 Kagaku ketsugoron
出版元 共立
刊行年月 昭和21
版表示 3版
ページ数 481p
大きさ 22cm
ISBN 4320040015
NCID BN01796567
BN03150253
BN13986694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46015426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想