文明病としての高齢社会 : ウエルエージングの思想

吉田寿三郎 著

人類の福祉をめざしたはずの高度工業社会は、なぜ、暗く困難な超高齢化をもたらすのか。斯界第一の権威が40年間の自らの足跡を通して説く、高齢化を乗り越える思想と方法-。自伝的文明批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウエルエージングとは
  • 第2章 生と死と
  • 第3章 文明病としての高齢化
  • 第4章 ウエルエージングの運動
  • 第5章 アクティブ・エージング
  • 終章 ウエルエージング運動の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明病としての高齢社会 : ウエルエージングの思想
著作者等 吉田 寿三郎
書名ヨミ ブンメイビョウ ト シテノ コウレイ シャカイ
出版元 創知社
刊行年月 1996.2
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4915510700
NCID BN13977707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97022970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想