文学における死生観

佐藤泰正 編

[目次]

  • 斎藤茂吉の死生観
  • 平家物語の死生観-覚一本の構想と鎮魂
  • キリスト教における死生観
  • ケルトの死生観-愛蘭文学との関わりにおいて
  • ヨーロッパ近・現代劇における死生観
  • 教育人間学が問う「死」の意味-ボルノーにおける「死生観」を中心に
  • 「死神」談義-中国古小説を中心として
  • 宮沢賢治の生と死-「聖なる視線」をめぐって
  • 「文学における死生観」とは-あとがきに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学における死生観
著作者等 佐藤 泰正
書名ヨミ ブンガク ニ オケル シセイカン
シリーズ名 梅光女学院大学公開講座論集 第38集
笠間選書 第38集
出版元 笠間書院
刊行年月 1996.2
ページ数 169, 27p
大きさ 19cm
ISBN 4305602393
NCID BN13977616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96046987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想