日本の人口移動 : 戦後における人口の地域分布変動と地域間移動

大友篤 著

本書は、日本の戦後における人口の地域分布の変動を明らかにし、その直接の変動要因となる人口移動を、住居の変更をともなう移動(国内人口移動)と、住居の変更をともなわない常住地と従業地・通学地との間の日々の移動(通勤通学移動)とに分け、それぞれについて、主として国勢調査と住民基本台帳の人口移動統計を用いて、多面的に分析したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人口の地域分布とその変動(地域人口の分布と規模の変動
  • 大都市圏内における人口の地域分布変動と昼間人口)
  • 第2部 日本の国内人口移動とその変動(人口移動の概念と人口移動統計の利用上の問題点
  • 生涯移動とその特性 ほか)
  • 第3部 日本の通勤通学移動(通勤通学移動の動向と通勤通学移動者の特性
  • 通勤通学移動者の人口属性
  • 大都市を中心とする通勤通学移動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の人口移動 : 戦後における人口の地域分布変動と地域間移動
著作者等 大友 篤
書名ヨミ ニホン ノ ジンコウ イドウ
書名別名 Nihon no jinko ido
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1996.1
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 4173151101
NCID BN13965424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96056700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想