平安朝の漢文学

川口久雄 著

平安朝の漢文学は日本詩の珠玉の宝石筥ともいえる。王朝四百年の文学遺産を系統づけ、仮名文学との関りを浮彫りにする。漢詩の珠玉に現代語の光をあてた平易な国文学の基礎入門書。詩を愛する人の詞華選ともなろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平安朝前期の漢文学
  • 平安朝中期の漢文学
  • 平安朝後期の漢文学
  • 平安朝漢文学の研究概観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安朝の漢文学
著作者等 川口 久雄
日本歴史学会
書名ヨミ ヘイアンチョウ ノ カンブンガク
シリーズ名 日本歴史叢書 36
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1981.11
版表示 新装版
ページ数 314, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4642066322
NCID BN00257691
BN13944231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82004522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想