生殖革命と人権 : 産むことに自由はあるのか

金城清子 著

体外受精、受精卵診断、代理母などが惹き起こす今日の問題。本書は、生殖技術の現状を報告し、問題点を検討するとともにその将来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生殖革命の展開
  • 第2章 生殖技術の現状
  • 第3章 親子という関係
  • 第4章 生殖の自由・権利、家族を形成する権利
  • 第5章 生殖技術のこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖革命と人権 : 産むことに自由はあるのか
著作者等 金城 清子
書名ヨミ セイショク カクメイ ト ジンケン
書名別名 Seishoku kakumei to jinken
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.2
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 4121012887
NCID BN13936095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96054621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想