都市のたくらみ・都市の愉しみ : 文化装置を考える

サントリー不易流行研究所 編

"人間のための都市""遊戯人のための都市"とは何か。祝祭と躍動と陶酔の空間を、どのように創出するのか。人々と街をつなぐ"仕掛け"から新たな都市文化を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 都市の文化を考える(都市のイメージ
  • 歴史にみる都市のたくらみ、都市の愉しみ)
  • 第2部 「愉しみ」を仕掛ける施設(劇場の誕生
  • 寺社の役割の変化
  • 遊び場としての商業空間
  • 文化装置の集積・分散)
  • 第3部 都市空間の「たくらみ」(都市のテクスチュア-都市空間のなかの身体
  • 情報の創造・発信とバックヤード
  • 都市の愉しみ・都市のたくらみ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市のたくらみ・都市の愉しみ : 文化装置を考える
著作者等 サントリー不易流行研究所
サントリー株式会社
書名ヨミ トシ ノ タクラミ トシ ノ タノシミ
シリーズ名 NHKブックス 759
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1996.2
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 4140017597
NCID BN13930678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97019853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想