現代銀行の実証的研究

鹿児嶋治利 著

[目次]

  • 第1章 銀行機能とは
  • 第2章 比較金融制度論
  • 第3章 銀行の収益構造に関する考察
  • 第4章 銀行組織と情報生産性
  • 第5章 リーテイル・バンキングの諸問題
  • 第6章 企業金融上の諸問題
  • 補論 産業政策史におけるメイン・バンク・システムの形成

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p7
  • はじめに / p1
  • 第1章 銀行機能とは / p1
  • 第1節「銀行」の概念
  • 銀行の資産変換機能とリスク管理 / p1
  • 第2節「銀行の特異性論」と機能のアンバンドリング / p3
  • 第3節「銀行経営」の概念 / p5
  • 第2章 比較金融制度論 / p9
  • 第1節 金融制度の意義 / p9
  • 1.金融制度とは / p9
  • 2.金融制度・金融システム・金融構造 / p11
  • 3.金融制度と「表層」「中層」「基層」 / p11
  • 第2節 経済発展とわが国金融制度の変化 / p15
  • 1.金融制度と諸制度・経済変動とのかかわり / p15
  • 2.金融制度の変遷 / p16
  • 第3節 1993年金融制度改革法施行に伴う課題 / p28
  • 1.1993年金融制度改革法の成立の意味 / p28
  • 2.改革の問題点 / p29
  • 3.産業組織論的視角からの金融制度改革上の課題 / p31
  • 第4節 金融構造・制度の国際比較からの視点 / p33
  • 1.わが国銀行組織の特徴 / p33
  • 2.相対取引型間接金融と公開取引型間接金融 / p36
  • 3.銀行借入型制度と資本市場型制度 / p38
  • 4.まとめ
  • 金融制度はアングロ型かライン型か / p39
  • 第3章 銀行の収益構造に関する考察 / p43
  • 第1節 分析の問題意識 / p43
  • 第2節 銀行の収益構造 / p45
  • 1.銀行収益計算上の特徴 / p45
  • 2.収益項目の構成 / p46
  • 第3節 収益構造に影響を及ぼす要因 / p49
  • 1.リスク群と収益構造 / p49
  • 2.収益構造と「経済性」 / p51
  • 第4節 収益構造の先行研究について / p54
  • 1.研究の三つの流れ / p54
  • 2.「銀行行動論」からの視点 / p54
  • 3.銀行収益の「規模の経済性」と「範囲の経済性」 / p57
  • 4.「情報理論」の視点 / p61
  • 第5節 わが国銀行の収益構造変化 / p64
  • 1.収入構造の変化 / p64
  • 2.費用構造の変化 / p67
  • 3.リスク構造の変化 / p68
  • 第6節 収益構造変化と情報生産・リスク管理と技術条件 / p71
  • 1.収益構造変化の背景 / p71
  • 2.要因とそのプライオリティ
  • ROA動向から / p73
  • 3.金融仲介コストと決済コスト / p75
  • 第7節 情報生産技術の変化 / p77
  • 1.装置産業化 / p77
  • 2.情報産業化 / p77
  • 3.デリバリー・システムの変化 / p79
  • 4.ネット・ワーク化 / p81
  • 第8節 リスク管理技術の変化 / p83
  • 1.金利エクスポージャーと収益構造 / p83
  • 2.金融仲介機能とリスク管理 / p85
  • 第9節 情報生産性と収益構造 / p86
  • 1.情報生産性の内容 / p86
  • 2.証券化における「情報生産」 / p89
  • 3.まとめ
  • 情報生産性と収益構造 / p91
  • 第4章 銀行組織と情報生産性 / p97
  • 第1節 銀行経営組織とリスク管理 / p97
  • 第2節 リスク管理と経営組織設計 / p98
  • 1.業務領域別リスク管理と経営組織設計 / p98
  • 2.組織の階層化とリスク / p101
  • 3.リスク管理と管理上のルーティン化 / p102
  • 4.リスク別管理上の問題点 / p103
  • 第3節 銀行の経営意思決定の特性:費用構造の定性的側面 / p105
  • 1.企業文化 / p105
  • 2.経営組織と意思決定システム / p106
  • 3.銀行組織の意思決定階層 / p107
  • 4.経営階層と情報の特徴 / p108
  • 5.経営階層とデータベースの特性 / p109
  • 6.銀行システム・アプリケーション / p110
  • 第4節 銀行の戦略情報システム:リスク管理の方法論 / p112
  • 1.総合予算管理システム / p113
  • 2.ALM / p114
  • 3.原価計算・採算管理システム / p115
  • 4.資金証券システム / p116
  • 第5節 銀行経営の情報化の進展と経営組織 / p116
  • 1.事務大量処理のための「勘定系システム」
  • 費用構造の変革 / p116
  • 2.経営意思決定のための「情報系システム」
  • リスク管理の高度化 / p117
  • 第6節 銀行経営組織の国際比較 / p118
  • 1.経営組織の特性 / p118
  • 2.国際比較 / p119
  • 第7節 経営組織の動態的形態 / p122
  • 1.単一市場組織と多角化市場組織 / p122
  • 第8節 まとめ:バブル期における組織構成の失敗について / p124
  • 1.事業本部制組織による問題点 / p124
  • 2.「範囲の経済性」組織と業態別子会社方式 / p126
  • 第5章 リーテイル・バンキングの諸問題 / p133
  • 第1節 個人金融行動変化の特徴 / p133
  • 1.個人金融行動解析の視点 / p133
  • 2.ライフ・サイクル仮説 / p134
  • 3.貯蓄率の特性 / p136
  • 4.ストックの充実と個人金融行動 / p137
  • 5.世代効果による資産選択の変化 / p141
  • 6.世代別金融行動 / p142
  • 7.自由化以降の個人金融行動 / p144
  • 第2節 リーテイル・バンクの特性 / p146
  • 1.リーテイル市場の概念 / p146
  • 2.わが国の富裕層市場とマス・マーケット / p148
  • 第3節 銀行のマーケティング技法 / p151
  • 1.プロダクト・ポートフォリオ・マトリックス / p151
  • 2.米国銀行のマーケティング / p154
  • 3.わが国銀行のマーケティング / p157
  • 第4節 リーテイル・バンキング上の諸問題 / p158
  • 1.リーテイル部門リスクと組織 / p160
  • 2.リーテイル部門の原価管理 / p160
  • 3.デリバリー・システム / p161
  • 4.リーテイル情報システム / p167
  • 第5節 まとめ:ディスクローズ体制 / p168
  • 1.現状 / p168
  • 2.米国におけるディスクローズ問題 / p169
  • 3.わが国リーテイル・バンキングへの示唆 / p172
  • 第6章 企業金融上の諸問題 / p175
  • 第1節 メイン・バンク・システム / p175
  • 1.メイン・バンクの定義 / p175
  • 2. メイン・バンクと幹事証券機能 / p177
  • 3.資金調達の階層化とメイン・バンク / p179
  • 4.ユニバーサル・バンク機能 / p180
  • 第2節 銀行と企業のネット・ワーク / p184
  • 1.「インナー・サークル」 / p184
  • 2.メイン・バンクと「組織原理」 / p185
  • 3.コーポレートガバナンスとメイン・バンク制 / p187
  • 第3節 メイン・バンク・システムとネット・ワークの形成 / p190
  • 1.メイン・バンク制の確立 / p190
  • 2.メイン・バンクの機能 / p191
  • 3.メイン・バンクとネット・ワーク / p192
  • 第4節 産業政策上のネット・ワークとメイン・バンク / p193
  • 1.産業政策とは / p194
  • 2.政策決定プロセス上のネット・ワーク / p196
  • 3.メイン・バンクと政策金融 / p199
  • 4.むすび
  • 相互補完と収斂 / p201
  • 補論 産業政策史におけるメイン・バンク・システムの形成 / p207
  • I.産業政策史におけるメイン・バンク / p207
  • II.産業政策と政策金融 / p218
  • III.政策金融の機能とその限界 / p220
  • 索引 / p227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代銀行の実証的研究
著作者等 鹿児島 治利
書名ヨミ ゲンダイ ギンコウ ノ ジッショウテキ ケンキュウ
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1996.2
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 4805731192
NCID BN13904893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想