集団意思決定研究 : 集団の世界観相互異質性効果に対する実証可能性の検討

上田泰 著

集団意思決定の利点を、相互に異なる世界観を持つ集団メンバーが、相互作用を通じてその世界観の変革をもたらすことによるものと捉え、その相互異質性の効果について実証的な検討の可能性を考察する。世界観の変革の効果という観点から、従来からの断片的な実証的研究の位置づけを試みた労作である。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 本研究の概要
  • 第1章 単独者の意思決定の限界と集団意思決定の特徴
  • 第2章 集団内の相互作用の効果-世界観の変革プロセス
  • 第3章 TMTメンバーのコンセンサスの是非とその関連要因
  • 第4章 デモグラフィ変数による集団内異質性の分析可能性
  • 第5章 集団意思決定プロセスとコンフリクト
  • 第6章 構造化コンフリクト討議法の意義と問題点
  • 第7章 構造化コンフリクト討議法に関する比較実験の検討
  • 第8章 集団意思決定に対するGDSSの効果
  • 第9章 総括

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p7
  • まえがき / p3
  • 序章 本研究の概要 / p1
  • 第1章 単独者の意思決定の限界と集団意思決定の特徴 / p13
  • 1.序 / p13
  • 2.単独者の意思決定の限界 / p16
  • 3.組織の参加的経営の推進と普及 / p25
  • 4.集団意思決定の一般的特徴 / p30
  • 5.プロローグ~集団メンバーの相互異質性への注目 / p36
  • 【注】 / p37
  • 【引用文献】 / p38
  • 第2章 集団内の相互作用の効果~世界観の変革プロセス / p43
  • 1.序 / p43
  • 2.意思決定問題の複雑化と意思決定における世界観の影響 / p44
  • 3.世界観変革の可能性 / p54
  • 4.意思決定集団における世界観の変革(1)~メンバー異質性の効果 / p59
  • 5.意思決定集団における世界観の変革(2)~集団意思決定の「場」の効果 / p67
  • 6.意思決定集団分析への含意 / p74
  • 【注】 / p78
  • 【引用文献】 / p79
  • 第3章 TMTメンバーのコンセンサスの是非とその関連要因 / p82
  • 1.序 / p82
  • 2.TMTへの注目 / p83
  • 3.TMTコンセンサスおよび関連議論 / p88
  • 4.TMTコンセンサスに関する実証研究 / p95
  • 5.TMTコンセンサスに関する統合的フレームワークの試み / p103
  • 6.結語 / p109
  • 【注】 / p110
  • 【引用文献】 / p111
  • 第4章 デモグラフィ変数による集団内異質性の分析可能性 / p116
  • 1.序 / p116
  • 2.組織デモグラフィ論 / p117
  • 3.組織デモグラフィの測定 / p124
  • 4.集団内異質性の分析への組織デモグラフィ論の応用 / p128
  • 5.組織デモグラフィ論による集団内異質性の分析可能性 / p142
  • 6.結語 / p147
  • 【注】 / p147
  • 【引用文献】 / p148
  • 第5章 集団意思決定プロセスとコンフリクト / p151
  • 1.序 / p151
  • 2.意思決定プロセス論の現状 / p152
  • 3.コンフリクトヘの注目 / p170
  • 4.次章へのプロローグ / p177
  • 【注】 / p178
  • 【引用文献】 / p179
  • 第6章 構造化コンフリクト討議法の意義と問題点 / p182
  • 1.序 / p182
  • 2.従来の討議法の限界 / p183
  • 3.世界観の変革と討議法 / p185
  • 4.SAAの意義と基本的プロセス / p189
  • 5.SAAプロセスに対する批判とその検討 / p199
  • 6.結語 / p210
  • 【注】 / p211
  • 【引用文献】 / p213
  • 第7章 構造化コンフリクト討議法に関する比較実験の検討 / p215
  • 1.序 / p215
  • 2.MCPL課題の意義と内容 / p217
  • 3.MCPL課題による実験とその結果 / p221
  • 4.MCPL課題に対する批判とその検討 / p227
  • 5.結語-今後のMCPL課題の実験の方向性 / p235
  • 【注】 / p238
  • 【引用文献】 / p238
  • 第8章 集団意思決定に対するGDSSの効果 / p241
  • 1.序 / p241
  • 2.GDSSの意義 / p242
  • 3.GDSSの効果に関する実証分析 / p250
  • 4.収斂的プロセスに対する機能の充実の必要性 / p268
  • 5.結語 / p270
  • 【注】 / p273
  • 【引用文献】 / p275
  • 第9章 総括 / p279
  • 1.各章での主張 / p279
  • 2.今後の研究の方向性について / p282
  • 3.次の視点へのプロローグ / p285
  • 【注】 / p287
  • 【引用文献】 / p287
  • 索引 / p288

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 集団意思決定研究 : 集団の世界観相互異質性効果に対する実証可能性の検討
著作者等 上田 泰
書名ヨミ シュウダン イシ ケッテイ ケンキュウ : シュウダン ノ セカイカン ソウゴ イシツセイ コウカ ニ タイスル ジッショウ カノウセイ ノ ケントウ
書名別名 Shudan ishi kettei kenkyu
出版元 文真堂
刊行年月 1996.1
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4830942010
NCID BN13902446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96046461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想