ウイルスの反乱

ロビン・マランツ・ヘニッグ 著 ; 長野敬, 赤松真紀 訳

エイズやエボラ出血熱など、新しいウイルス病の登場は、人間による、生態系の破壊によってもたらされた-。人間と微生物との間の平衡状態の変化は、ときに、新しいウイルスの「出現」をうながし、伝染病の津波を引き起こす。ウイルス研究の最新の成果を、迫真のドキュメントをおりまぜて、スリリングに語る「ウイルス学」のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 極微の疫病神
  • 第2部 あらたな脅威
  • 第3部 反撃

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルスの反乱
著作者等 Henig, Robin Marantz
赤松 真紀
長野 敬
ヘニッグ ロビン・マランツ
書名ヨミ ウイルス ノ ハンラン
書名別名 A dancing matrix
出版元 青土社
刊行年月 1996.4
ページ数 332, 36p
大きさ 20cm
ISBN 4791754301
NCID BN13899283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97001940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想