転換期の国際政治

武者小路公秀 著

冷戦終結から五年。平和な世界への期待とは裏腹に、地域紛争は絶えず、環境問題や第三世界の貧困など、地球規模の課題は山積している。大国の動向にのみ注目する従来の「現実主義」国際政治学では理解困難な混沌を、エスニック集団やNGOなどにも焦点を当て、国連改革の方向性と日本の国際貢献のあり方を織り込みながらよみ解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポスト冷戦時代の開幕
  • 第2章 転換期世界の覇権構造
  • 第3章 南北冷戦の新展開
  • 第4章 エスニック集団の目でみた国際政治
  • 第5章 西欧近代国際社会の特質
  • 第6章 人権をめぐる南北の国家と市民
  • 第7章 転換期の世界平和と国連

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の国際政治
著作者等 武者小路 公秀
書名ヨミ テンカンキ ノ コクサイ セイジ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.2
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 4004304342
NCID BN13891554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想