現代の物理学

藤岡由夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 古典物理學の大要
  • 1. 序論.現象論的方法と原子論的方法 / 1
  • 2. 物理法則 / 4
  • 3. 物理法則と數學 / 6
  • 4. 力學 / 9
  • 5. 電磁氣學 / 16
  • 6. 光學 / 24
  • 7. 物質構造論の發生.統計力學 / 28
  • 第二章 相對性理論
  • 1. ガリレイ變換 / 33
  • 2. 光速度の不變性と相對性原理 / 35
  • 3. ローレンツ變換 / 37
  • 4. 相對論的電磁氣學 / 41
  • 5. 相對性力學 / 44
  • 6. 一般相對性理論 / 50
  • 7. 自由質點の運動方程式.リーマン幾何學 / 54
  • 8. 重力の場の基本方程式 / 59
  • 9. 一般相對性理論の其の後の發展 / 60
  • 第三章 原子物理學の發展
  • 1. 陰極線.陽極線.X線及び放射能 / 64
  • 2. 原子模型 / 67
  • 3. スペクトル系列 / 71
  • 4. 黒體輻射の理論 / 74
  • 第四章 前期量子論とスペクトル現象
  • 1. プランクのエネルギー量子論 / 78
  • 2. アインシュタインの光量子説 / 80
  • 3. ボーアの水素原子論 / 84
  • 4. 一般の量子條件.水素類似原子の一般的取り扱ひ / 88
  • 5. 磁場における水素類似原子 / 93
  • 6. 電子のスピン / 95
  • 7. 二つ以上の電子のある原子 / 99
  • 8. パウリ原理と週期律 / 100
  • 9. X線スペクトル / 105
  • 10. 核のスピン / 107
  • 11. 分子スペクトル / 109
  • 12. ラマン效果 / 113
  • 第五章 相應論的量子力學
  • 1. ボーアの相應原理 / 115
  • 2. 相應原理の應用の例 / 118
  • 3. 相應原理の量子論發展上の意義 / 119
  • 4. ハイゼンベルグによる量子力學的な量の書き換へ / 121
  • 5. マトリックス量子力學 / 126
  • 第六章 波動力學の基礎的概念
  • 1. 物質の波動性 / 132
  • 2. 不確定の概念 / 135
  • 3. 量の相補性と不確定性原理 / 137
  • 4. 思考實驗による量の測定 / 142
  • 5. 測定の意義 / 146
  • 第七章 量子力學(波動力學)の體系
  • 1. 確率的法則.波動函數及び波動方程式 / 150
  • 2. 固有値問題 / 156
  • 3. 量子力學と波動力學との同一性.抽象ヒルベルト空間 / 162
  • 4. 固有値問題の例(水素類似原子の問題) / 166
  • 5. 因果律に就て.再び測定に就て / 174
  • 6. 實在の問題.(アインシュタインとボーアの論爭) / 177
  • 7. 量子力學思想による物理學以外に對する考察 / 185
  • 第八章 量子力學の發展
  • 1. 量子力學の發展の概況 / 189
  • 2. 攝動論,その一.(シュレーディンガーの攝動論) / 192
  • 3. 粒子の位置交換.對稱的及び非對稱的固有函數 / 195
  • 4. 量子統計力學 / 201
  • 5. 攝動論,その二.(ディラックの攝動論) / 206
  • 6. 相對性量子力學 / 209
  • 7. 電子の負エネルギー状態と陽電子 / 215
  • 8. 光の理論 / 219
  • 9. 量子電磁力學 / 223
  • 10. 原子核と量子力學 / 225
  • 第九章 自然放射能及び核からの放射線
  • 1. 放射能連鎖と同位元素 / 229
  • 2. α線崩壞の性質 / 233
  • 3. β線の性質と中性微子 / 235
  • 4. γ線と核のエネルギー準位 / 240
  • 第十章 原子核の人工破壞
  • 1. α線による原子核の人工破壞及び人工刺戟 / 243
  • 2. 中性子の發見 / 245
  • 3. 宇宙線の問題と陽電子及びU粒子の發見 / 247
  • 4. 高速イオンによる核の人口破壞並びにその二・三の例 / 253
  • 5. 中性子による核の人工破壞 / 258
  • 6. 人工放射能 / 261
  • 7. 核光電效果 / 266
  • 第十一章 原子核の構成
  • 1. 核の構成 / 268
  • 2. 質量缺損と結合エネルギー / 271
  • 3. 核内粒子の間の力に關する考察 / 274
  • 4. β線崩壞の理論 / 279
  • 5. 湯川博士の理論の梗概 / 284
  • 6. 核の理論に關するボーアの考察 / 290
  • 第十二章 物理法則の指導原理
  • 1. 物理法則の指導原理 / 295
  • 2. 保存則 / 296
  • 3. 相對性原理 / 300
  • 4. 排他律(不可入性) / 302
  • 5. 類推並びに實證性 / 303
  • 6. 法則の簡單性 / 304
  • 補遺I 高速粒子及び原子核の研究
  • 1. サイクロトロンの發展 / 307
  • 2. ビータートロン / 311
  • 3. シンクロトロン / 314
  • 4. 超ウラン元素の研究と核分裂の發見 / 317
  • 5. 超ウラン元素研究の再出發 / 320
  • 6. 核分裂に關するBohrとWheelerの理論 / 322
  • 7. 核分裂に伴ふ現象 / 324
  • 補遺II 素粒子論
  • 1. 中間子 / 329
  • 2. 素粒子 / 331
  • 3. 素粒子の相互作用 / 335

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代の物理学
著作者等 藤岡 由夫
書名ヨミ ゲンダイ ノ ブツリガク
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 増補版
ページ数 339p
大きさ 22cm
NCID BN02968930
BN13877892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49007146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想