古代日本の女帝

上田正昭 [著]

古代国家の創立期ともいえる飛鳥時代から奈良時代にかけては、推古、持統、元明、称徳など八代もの女帝が続出した。本書は三世紀の卑弥呼までさかのぼり、古代日本の女王・女帝の特質を、巫女王の段階、巫女王から女帝への過渡期、女帝の段階と三つに分け論述。大化の改新、壬申の乱など、有力豪族と天皇家との確執や、皇統を巡る争乱が相次ぐ古代日本の実相を、女帝の軌跡から明らかにした好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女帝史の謎
  • 第2章 女王二代
  • 第3章 女王の世紀
  • 第4章 女帝の登場
  • 第5章 女帝の世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本の女帝
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ コダイ ニホン ノ ジョテイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.2
ページ数 224p
大きさ 15cm
ISBN 4061592157
NCID BN1387530X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96043933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想