戦後日本のイデオロギー対立

大岳秀夫 著

戦後50年、日本政治はもっともドラスティックな政党再編成の時期を迎えている。本書は、「イデオロギー対立の終焉」現象を軸に、戦後の日本政治をイデオロギー対立の観点から分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本型大企業体制の中のイデオロギー対立
  • 第2章 戦後保守党のイデオロギー構造
  • 第3章 社会主義政党のイデオロギーとその背景
  • 附論 政治潮流のサイクル-日本と西ドイツにおける戦後の軌跡・一九四五〜五五年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本のイデオロギー対立
著作者等 大岳 秀夫
書名ヨミ センゴ ニホン ノ イデオロギー タイリツ
出版元 三一書房
刊行年月 1996.2
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 4380962156
NCID BN13872571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96041880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想