日本中世都市の世界

網野善彦 著

中世考古学、文献史学などのさまざまな角度から、現代にも通底する流通、商業、自治、自由などの中世の諸問題を実証的に追究。非農業民、都市民の世界である新たな中世社会像を提唱する画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中世都市研究の現状と課題
  • 第1章 中世における「無縁」の意義
  • 第2章 若狭の駆込み寺-万徳寺の寺法をめぐって
  • 第3章 「公界」と公界寺
  • 第4章 中世都市論
  • 第5章 鎌倉の「地」と地奉行
  • 第6章 西の京と北野社
  • 第7章 伊勢国桑名
  • 第8章 近江国堅田
  • 第9章 近江国船木北浜
  • 第10章 備後国「草戸千軒」
  • 終章 中世都市研究の問題点と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本中世都市の世界
著作者等 網野 善彦
書名ヨミ ニホン チュウセイ トシ ノ セカイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.1
ページ数 333, 37p
大きさ 22cm
ISBN 448085696X
NCID BN13863865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96041802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想