水俣病事件と法

富樫貞夫 著

水俣病事件における企業・行政の犯罪に対し、安全性の考えに基づく新たな過失論で裁判理論を構築。工業化社会の帰結である未曾有の公害事件の法的責任を糺す。水俣病事件と共に生きてきた一法律学者の二十五年におよぶ渾身の証言集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 水俣病裁判論序説
  • 2 水俣病事件と法
  • 3 水俣病訴訟の法的諸問題
  • 4 水俣病認定と法
  • 5 水俣病裁判とともに
  • 6 水俣病の過去・現在・未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水俣病事件と法
著作者等 富樫 貞夫
書名ヨミ ミナマタビョウ ジケン ト ホウ
書名別名 Minamatabyo jiken to ho
出版元 石風社
刊行年月 1995.11
ページ数 481p
大きさ 22cm
ISBN 4883440087
NCID BN13830006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97005999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想