国語学史概説

重松信弘 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序說
  • 第一節 國語學史の意義
  • 第二節 國語學史の組織と時代區劃
  • 第二章 第一期の硏究
  • 第一節 第一期の硏究槪觀
  • 第二節 初期の硏究
  • 一、上代人の國語意識
  • 二、日本紀私記に於ける國語硏究
  • 三、字書の製作
  • 四、假名及び音圖
  • 第三節 中期の硏究
  • 一、悉曇學よりの國語硏究
  • 二、歌學に於ける國語硏究
  • 三、仙覺抄と釋日本紀
  • 四、和漢字書の出現
  • 五、假名遣の發生
  • 第四節 後期の硏究
  • 一、假名遣硏究の進展
  • 二、てにをは硏究の發生と發展
  • 三、國語の品詞的分類と活用の意識
  • 四、字書及び辭書形態の業績
  • 五、註釋書
  • 第三章 第二期の硏究
  • 第一節 近世國學の成立と本期の硏究槪觀
  • 第二節 契沖の硏究と假名遣
  • 第三節 語義語源及び方言の硏究
  • 第四節 荷田春滿と賀茂眞淵の硏究
  • 第五節 てにをは硏究と富士谷成章の硏究
  • 第六節 本居宣長の硏究
  • 第四章 第三期の硏究
  • 第一節 第三期の硏究槪觀
  • 第二節 鈴木朖と本居春庭の硏究
  • 第三節 東條義門と富樫廣蔭の硏究
  • 第四節 平田篤胤及び伴信友と文字の硏究
  • 第五節 てにをは及び音韻の硏究
  • 第六節 語義語源の硏究
  • 第七節 語學硏究の獨立と文典編著の傾向
  • 第五章 第四期の硏究
  • 第一節 第四期の硏究槪觀
  • 第二節 文典の編著
  • 第三節 文字及び假名遣
  • 第四節 語音語義及び方言の硏究
  • 第五節 歷史的硏究比較硏究及び組織的硏究
  • 附錄
  • 註 / 277
  • 論文 / 307
  • 年表 / 345
  • 索引 / 359

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国語学史概説
著作者等 重松 信弘
書名ヨミ コクゴガクシ ガイセツ
書名別名 Kokugogakushi gaisetsu
出版元 東京武蔵野書院
刊行年月 1939
版表示 學生版
ページ数 373p (附共) 図版
大きさ 23cm
NCID BN06174848
BN13827497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54008953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想