太平洋戦争日本の敗因  1 (日米開戦勝算なし)

NHK取材班 編

軍需物資の大半を海外に頼る日本にとって、海上の物資補給線を確保することは、戦争を遂行する上での生命線であった。にもかかわらず、日本は「太平洋シーレーン」を確保するプランを持たないまま開戦に突入した。勝算はない。船舶は不足し、海上護衛の考えのない日本は、輸送船を次々と沈められ、戦争計画は根本から崩れていった。「合理的全体計画」を持てない、今に引継ぐ日本の決定的弱点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 甘く見た船舶問題
  • 2 破綻した計画
  • 3 急落する国力
  • 4 反撃するアメリカ潜水艦
  • 5 崩れ去る日本経済
  • 6 飢餓と敗戦と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争日本の敗因
著作者等 日本放送協会
日本放送協会取材班
NHK取材班
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ ニホン ノ ハイイン
書名別名 日米開戦勝算なし
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 1 (日米開戦勝算なし)
出版元 角川書店
刊行年月 1995.5
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 4041954126
NCID BN1381338X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95056538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想