労働経済学

樋口美雄 著

本書は、従来の労働の需要と供給、すなわち労働者と企業の関係の分析にとどまらない。結婚・出産などのライフスタイルの変化、海外直接投資の激増や外国人労働者問題など国際間相互依存関係を視野に入れた雇用政策をも含んだ「新しい労働経済学」の展開をめざしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 労働需要
  • 2章 労働供給
  • 3章 労働時間
  • 4章 失業と雇用調整・賃金調整
  • 5章 長期雇用と短期雇用
  • 6章 労働特性と雇用慣行
  • 7章 環境変化とライフサイクル
  • 8章 賃金格差
  • 9章 労働組合
  • 10章 経済変動とマクロ政策
  • 11章 今日の労働市場をめぐる論点整理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働経済学
著作者等 樋口 美雄
書名ヨミ ロウドウ ケイザイガク
書名別名 Rodo keizaigaku
シリーズ名 プログレッシブ経済学シリーズ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1996.2
ページ数 368p
大きさ 22cm
ISBN 4492812938
NCID BN13809225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想