ドイツ企業法判例の展開  続

丸山秀平 編著

本書は、日本比較法研究所研究叢書三四巻として平成七年に公刊された『ドイツ企業法判例の展開』の続巻にあたるものである。本書に所収されているのは、ドイツの企業法に関連する判決のうち、前書公刊以降のものおよび前書に所収しえなかったものについての解説七点である。各論稿においては、当該判決で取り上げられている争点に関するドイツにおける学説・判例の状況をあきらかにするとともに、問題とされている法状況がわが国に与える影響の有無もあきらかにしようと試みている。その意味で本書は、前書と同様、判例を通じてドイツにおける企業法の展開についての最新の情報を与えるとともにわが国への橋渡しをすることを目的としたものとして位置づけられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 株式会社法(新株引受権への視点-新株引受権をめぐる欧州会社法上の問題点の把握
  • 退任取締役員と会社間の取引における会社代表について)
  • 2 有限会社法(取締役任用契約の解約のための重大な事由
  • 有限会社の業務執行者の注意義務の有無と職務分担による責任の制限
  • 有限会社における隠れた利益処分と社員たる地位
  • 有限会社の定款の潜脱-個別的に定款を潜脱する社員総会決議の効力)
  • 3 有価証券法(白地手形における白地補充権の形式とその有効性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ企業法判例の展開
著作者等 丸山 秀平
書名ヨミ ドイツ キギョウホウ ハンレイ ノ テンカイ
書名別名 Doitsu kigyoho hanrei no tenkai
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 43
巻冊次
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1998.7
ページ数 185p
大きさ 22cm
ISBN 4805705426
NCID BN13769492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99027172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想