手術とからだ : 神様は天の邪鬼

辻秀男 著

今やからだの中で手術のメスの届かないところはなく、メスが届きさえすればこれまで治せなかった病気も治せるようになってきた。こうして手術は欠かせない治療手段となったが、残念ながら手術そのものは、患者に有形無形の障害-侵襲反応を引き起こす。生体を有害な刺激から守るホメオスターシスと違い、その意味を測りかねる反応のメカニズを考察し、患者の病態を理解して手術の安全向上をはかる試みの近年の研究成果を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 手術の周辺
  • 第2章 手術する人、される人
  • 第3章 手術に対するからだの反応
  • 第4章 手術と麻酔
  • 第5章 からだの防衛戦略
  • 第6章 手術の前後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手術とからだ : 神様は天の邪鬼
著作者等 辻 秀男
書名ヨミ シュジュツ ト カラダ
書名別名 Shujutsu to karada
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1996.1
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4121012828
NCID BN1375060X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想