豊太閤伝記物語の研究

桑田忠親 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 第一章 豐太閤の文書に見えたる自叙傳的要素 / 16
  • 第二章 大村由己の天正記著述 / 31
  • 第一節 物讀み大村由己 / 32
  • 第二節 大村由己と天正記 / 36
  • 第三章 天正記の內容と傳本の種類 / 50
  • 第一節 播磨別所記 / 50
  • 第二節 惟任謀反記 / 53
  • 第三節 柴田合戰記 / 55
  • 第四節 關白任官記 / 58
  • 第五節 金賦之記 / 65
  • 第六節 大政所御煩平癒記 / 66
  • 第七節 若公御誕生之記 / 67
  • 第八節 西國征伐記 / 67
  • 第九節 聚樂行幸記 / 67
  • 第十節 紀州御發向記 / 80
  • 第十一節 四國御發向幷北國御動座記 / 81
  • 第十二節 小田原御陣 / 81
  • 第四章 大村由己新作の謠曲と由己の終焉 / 87
  • 第一節 大村由己新作の謠曲 / 87
  • 第二節 大村由己の終焉 / 93
  • 第五章 天正記の流布と版本天正記 / 99
  • 第六章 太田牛一とその著書 / 110
  • 第七章 太閤軍記とその傳本 / 128
  • 第一節 太閤軍記に就いて / 128
  • 第二節 太閤軍記の傳本 / 131
  • 第三節 豐國大明神臨時御祭禮記錄 / 151
  • 第八章 川角太閤記の成立と內容 / 161
  • 第一節 著作年代考 / 161
  • 第二節 著者考 / 164
  • 第三節 出典と成立過程 / 169
  • 第四節 內容價値と傳本 / 176
  • 第九章 小瀨甫庵と太閤記の編纂 / 185
  • 第十章 太閤記の出典と史料的價値 / 206
  • 第一節 太閤記の出典 / 206
  • 第二節 太閤記の史料的價値 / 211
  • 第十一章 太閤記の本質 / 224
  • 第十二章 太閤記の開版とその世評及び流布の狀況 / 234
  • 第十三章 江戶時代に於ける豐太閤傳記の著述と出版 / 248
  • 第一節 豐鑑 / 248
  • 第二節 朝鮮征伐記 / 253
  • 第三節 豐臣秀吉譜 / 258
  • 第四節 豐臣太閤素生記 / 262
  • 第五節 新撰豐臣實錄 / 271
  • 第六節 祖父物語その他 / 275
  • 第十四章 豐太閤に關する物語の展開 / 287
  • 第一節 元祿版太閤記 / 289
  • 第二節 繪本太閤記 / 294
  • 第三節 眞書太閤記 / 305
  • 第四節 繪本豐臣勳功記その他 / 313
  • 結論 / 324

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 豊太閤伝記物語の研究
著作者等 桑田 忠親
書名ヨミ ホウタイコウ デンキ モノガタリ ノ ケンキュウ
出版元 中文館書店
刊行年月 1940
ページ数 327p 図版6枚
大きさ 23cm
NCID BN13738342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53013525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想