天賦人権論と功利主義 : 小野梓の政治思想

荻原隆 著

自然権思想(天賦人権論)に代わる新たな規範理論を構築した自由民権論者の思想史的意議を究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 研究の目的
  • 第1章 明治啓蒙思想と自由民権思想
  • 第2章 初期政治思想
  • 第3章 留学と思想の変容
  • 第4章 功利の原理とその意義
  • 第5章 功利主義の政治社会観
  • 第6章 民権と国権
  • 第7章 国家構想の完成
  • 結論 小野梓の政治思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天賦人権論と功利主義 : 小野梓の政治思想
著作者等 荻原 隆
書名ヨミ テンプ ジンケンロン ト コウリ シュギ
シリーズ名 名古屋学院大学産業科学研究所研究叢書 13
出版元 新評論
刊行年月 1996.1
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 479480279X
NCID BN13724643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想