中西進万葉論集  第8巻 (山上憶良)

中西 進【著】

学界を揺るがした「憶良渡来人論」を要に憶良の出生から渡唐、死に至る生涯と作品の全てを詳細緻密に論じた山上憶良論の歴史的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生涯(出生
  • 家系
  • 大宝以前
  • 渡唐
  • 長安の生活 ほか)
  • 作品(磐代にて
  • 在唐の一首
  • 七夕の歌
  • 悼亡詩
  • 日本挽歌 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中西進万葉論集
著作者等 中西 進
書名ヨミ ナカニシ ススム マンヨウ ロンシュウ
書名別名 山上憶良

Nakanishi susumu man'yo ronshu
シリーズ名 万葉集
巻冊次 第8巻 (山上憶良)
出版元 講談社
刊行年月 1996.1
ページ数 627p
大きさ 22cm
ISBN 4062526581
NCID BN13724235
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96033112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想