ジェイムズ・ジョイスの謎を解く

柳瀬尚紀 著

20世紀最大の文学者の一人であるジョイスの代表作『ユリシーズ』。このとてつもなく巨大で重層的な作品に作者は無数の謎をしかけた。なかでもダブリンの安酒場で滔々と語る「俺」とは誰か、この作品中最大の謎に緻密な論証により世界で初めて決定的な解答を与え、さらなる謎を快刀乱麻に読み解いて、文学的スリルと興奮の世界へ誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「当り前」からジョイスを読む
  • 第1章 なんだか「犬」が匂う
  • 第2章 まず、「俺」とジョウの会話を解いてみる
  • 第3章 次に、バーニー・キアナンでのやりとりを検証してみる
  • 第4章 「俺」の正体
  • 第5章 「俺」じゃなくちゃ書けないこと
  • 第6章 最後の謎を解く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェイムズ・ジョイスの謎を解く
著作者等 柳瀬 尚紀
書名ヨミ ジェイムズ ジョイス ノ ナゾ オ トク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.1
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4004304296
NCID BN13706561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96043544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想