日本近代史学事始め : 一歴史家の回想

大久保利謙 著

1900年、大久保利通の孫として生まれた著者は、大正デモクラシーのなかで歴史家として出発し、日本近代史研究の先鞭をつけた。先駆的研究の数々にくわえ、憲政資料室創設を中心とした史料整備、そして史料編纂事業など、学界に対する寄与ははかりしれない。若き日に接した学者群像の思い出を含め、興味深いエピソードに満ちた回想録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治の記憶
  • 2 大正デモクラシーのなかで
  • 3 日本近代史に立ち向う
  • 4 編纂事業のなかで
  • 5 憲政資料室とともに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代史学事始め : 一歴史家の回想
著作者等 大久保 利謙
書名ヨミ ニホン キンダイ シガク コトハジメ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.1
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 400430427X
NCID BN13706346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96042875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想