日本の自治・分権

松下圭一 著

阪神大震災は国主導政治の弱点を露呈させた。都市型社会の今日、市民自治と分権、新たな市民文化の熟成が望まれる。シビル・ミニマムを質的に整備し、真の国際化に呼応できるのは劣化した国の省庁ではなく自治体である。長年の体験に基づく蓄積が講演の形で平易に語られる本書は、オカミ崇拝の政治風土に強力な一石を投ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ、自治・分権なのか
  • 2 分権の意義・課題と考え方
  • 3 先駆自治体における政策開発
  • 4 思想状況としての市民自治
  • 5 自治体理論の基本論点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の自治・分権
著作者等 松下 圭一
書名ヨミ ニホン ノ ジチ ブンケン
書名別名 Nihon no jichi bunken
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.1
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4004304253
NCID BN13706197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96042917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想