日本の「私」からの手紙

大江健三郎 著

フランス核実験に反対する手紙、米誌への寄稿「天皇が人間の声で話した日」、韓国での講演「希望と恐れとともに」、ドイツの作家G・グラスとの往復書簡、国連大学での講演など、世界に向かって、ノーベル賞受賞後の一年間に発表された思索の結果をまとめる一冊。それはまさしく、日本のありかたを自問するいとなみの集積である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フランス核実験をめぐる手紙と感想
  • 天皇が人間の声で話した日
  • 日本人はアジアで復権(リハビリテイト)しうるのか
  • 希望と恐れとともに
  • 日本人は年とともに改良されたか
  • ギュンター・グラスとの往復書簡
  • 信仰する人たちもそうでない私らも
  • 平和への文化のために
  • 時代から主題をあたえられた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の「私」からの手紙
著作者等 大江 健三郎
書名ヨミ ニホン ノ ワタクシ カラノ テガミ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1996.1
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4004304245
NCID BN13706109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96043517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想