陸前北部の民俗

和歌森太郎 編

[目次]

  • 目次
  • 序篇 民俗の歴史性と地域性
  • 第1章 古代・中世の陸前北部 大塚徳郎
  • 第2章 近世における陸前北部 加藤章
  • 第3章 陸前北部における民俗の地域性 千葉徳爾
  • 第一篇 家族と村落
  • 第1章 シンルイとその特性 竹田 旦
  • 第2章 契約講--地域的差異と歴史的性格-- 福田アジオ
  • 第3章 牡鹿半島一帯における年齢集団の諸相--とくに契約講をめぐる諸問題-- 平山和彦
  • 第4章 江ノ島の講組織 岡田照子
  • 第5章 社会倫理 河上一雄
  • 第2篇 基層文化の系統
  • 第1章 交通・交易の変遷 北見俊夫
  • 第2章 ヤシキの性質 千葉徳爾
  • 第3章 漁撈文化の特色 亀山慶一
  • 第4章 民家の地域性 市原輝士
  • 第3篇 家の行事
  • 第1章 農耕儀礼・年中行事 宮原兎一
  • 第2章 牡鹿の祝い棒 三崎一夫
  • 第3章 婚姻と出産の儀礼と習俗 松岡利夫
  • 第4章 墓制・死後のまつり 佐藤米司
  • 第4篇 民間信仰の特性
  • 第1章 ウチガミ信仰 直江広治
  • 第2章 金華山信仰とミロク 宮田登
  • 第3章 修験道の浸透 和歌森太郎
  • 第4章 民間巫俗の形態と機能--口寄せ巫女の生態と伝承による-- 桜井徳太郎
  • 第5篇 村落生活のリズム
  • 第1章 神社祭祀 西垣晴次
  • 第2章 祭りと神事芸能 萩原竜夫
  • 第3章 密教系寺院と村落生活 月光善弘
  • 第4章 新宗教の受容と教会の形成--陸前北部におけるハリストス正教について-- 波多野和夫
  • 付録
  • 1.宮城県陸前北部民俗学関係文献目録 / 390
  • 2.あとがき / 395
  • 3.図版目次 / 398
  • 4.索引 / 401
  • 題簽 水島望鶴

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 陸前北部の民俗
著作者等 和歌森 太郎
書名ヨミ リクゼン ホクブ ノ ミンゾク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1969
版表示 2版
ページ数 415p 図版 地図
大きさ 27cm
NCID BN02451083
BN13701841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73005250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想