西欧絵画の近代 : ロマン主義から世紀末まで

高階秀爾 著

ロマン主義、象徴派、印象派など、様々な主張を持って生まれた近代芸術の方法。-芸術家たちは、どのように時代を生き、思潮を生みだし、手法をつくりだしたのか。近代の本質を探り、新しい視座から作家と作品を論ずる、躍動の美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 肖像芸術
  • 西欧美術における男女像
  • モディリアーニの秘密
  • 十九世紀初頭の西欧社会
  • ロマン主義とその時代
  • ロマン主義とは何か
  • 西欧アカデミズムの問題
  • 世紀末と象徴派絵画
  • ジャポニズム概論
  • マネ、「フオリー・ベルジェール劇場のバー」
  • ゴッホとフランス
  • ビアズリーの人と芸術
  • ポスター芸術と世紀末
  • ポスター芸術の100年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧絵画の近代 : ロマン主義から世紀末まで
著作者等 高階 秀爾
書名ヨミ セイオウ カイガ ノ キンダイ
書名別名 Seio kaiga no kindai
出版元 青土社
刊行年月 1996.1
ページ数 329, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4791754247
NCID BN13690370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97003473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想