地球政治の再構築 : 日米欧関係と世界秩序

スティーヴン・ギル 著 ; 遠藤誠治 訳

本書は、アントニオ・グラムシの政治思想を国際関係に本格的に適用した重要な学問的試みである。著者は、1970年代以降の日米欧委員会のトランスナショナルな活動を具体的な研究テーマとして、米国のヘゲモニーの持続力と限界、そしてその変容の下での現代国際関係における先進国間の政治経済的協力の変遷を深く解明しようとしている。著者の問題関心は、従来の国家中心型国際関係史観を鋭く批判するところにある。そのなかで強調されているのは、国境を超えて地球化する市民社会の歴史的意義である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際関係の理論とパースペクティヴ=序論
  • 第2章 現実主義と自由主義のパースペクティヴ
  • 第3章 マルクス主義のパースペクティヴとヘゲモニー
  • 第4章 米国のヘゲモニーの衰退-神話と現実
  • 第5章 米国中心のトランスナショナル・ヘゲモニー?
  • 第6章 国際関係に関する私的な協議会と日米欧委員会
  • 第7章 三極主義の理論と実際
  • 第8章 ヘゲモニー・知識・国際主義の限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球政治の再構築 : 日米欧関係と世界秩序
著作者等 Gill, Stephen
遠藤 誠治
ギル スティーヴン
書名ヨミ チキュウ セイジ ノ サイコウチク
書名別名 American hegemony and the trilateral commission
シリーズ名 朝日選書 545
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1996.1
ページ数 382, 31p
大きさ 19cm
ISBN 4022596457
NCID BN13679913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想