ボランティアとよばれた198人 : 誰が神戸に行ったのか

ながた支援ネットワーク 編

阪神大震災は、世界で初めての「高齢社会型災害」だった。「避難所肺炎」と衰弱死が、生きのこった老人たちをおそう。必要なのは介護だ。地元の福祉施設長と診療所長がうごきはじめ、やがて全国から学生・主婦・福祉・医療の専門職がやってきた。かれらはボランティアとよばれた。「思わず走り出した人びと」の記録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティアとよばれた198人 : 誰が神戸に行ったのか
著作者等 ながた支援ネットワーク
阪神高齢者・障害者支援ネットワーク
書名ヨミ ボランティア ト ヨバレタ ヒャク クジュウハチニン
書名別名 Borantia to yobareta hyaku kujuhachinin
出版元 中央法規
刊行年月 1995
ページ数 444p
大きさ 21cm
ISBN 480581442X
NCID BN13673859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96024073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想