後白河法皇

棚橋光男 著

保元の乱から鎌倉幕府成立にかけて、つねに敵役であった「偉大なる暗闇」。はたして、後白河は権謀術数のかぎりをつくした「日本一の大天狗」だったのだろうか。本書は、文化創造の場や、精神史の暗部にまでわけいり、現実の向こうにこの政治的巨人が透視していた可能性を鋭く指摘する。王権の転換・再生を軸に、東アジアの知的交流にまで眼くばりした力作論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 後白河論序説
  • 第2章 後白河王権期の都市京都-『方丈記』に見るイメージ
  • 第3章 中世国家の成立
  • 第4章 『参天台五台山記』-日宋交流史の一断面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後白河法皇
著作者等 棚橋 光男
書名ヨミ ゴシラカワ ホウオウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 65
出版元 講談社
刊行年月 1995.12
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 4062580659
NCID BN13648523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96034292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想