神と自由と悪と : 宗教の合理的受容可能性

A.プランティンガ 著 ; 星川啓慈 訳

この世に悪が存在することは「神の正義」を揺るがすだろうか。可能世界論を駆使した冷静な議論と熱烈な護教論の結合。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自然無神論(悪の問題
  • その他の無神論的議論)
  • 2 自然神学(宇宙論的論証
  • 目的論的論証
  • 存在論的論証)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神と自由と悪と : 宗教の合理的受容可能性
著作者等 Plantinga, Alvin
星川 啓慈
Plantinga Alvin C.
プランティンガ A.
書名ヨミ カミ ト ジユウ ト アク ト
書名別名 God,freedom,and evil
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.11
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 4326153148
NCID BN13640667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96022250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想