情報公開法でとらえた在日米軍

梅林宏道 著

米国の「情報公開法」を唯一の"武器"として、ペンタゴンや各基地司令部とわたりあい、50点をこえる米軍の内部資料を入手、米国の世界戦略の中心に組み込まれた在日米軍の全貌と、米軍基地の実態を初めて明からにした、新資料満載の一大労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「湾岸戦争」と在日米軍
  • 1 太平洋の中の在日米軍
  • 2 在日米軍の兵力構成
  • 3 米軍資料で見る在日米軍基地
  • 4 情報公開法で追った空母ミッドウェーの爆発事故
  • 5 主要な在日米軍基地とその部隊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報公開法でとらえた在日米軍
著作者等 梅林 宏道
書名ヨミ ジョウホウ コウカイホウ デ トラエタ ザイニチ ベイグン
書名別名 Joho kokaiho de toraeta zainichi beigun
出版元 高文研
刊行年月 1993.1
版表示 第3刷
ページ数 296p
大きさ 21cm
ISBN 4874981356
NCID BN08503893
BN1364026X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93052158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想