大川周明 : ある復古革新主義者の思想

大塚健洋 著

近代日本は精神的には西洋崇拝、国内的には資本主義化、対外的には脱亜の道を歩んだ。しかし、第一次世界大戦後、従来の支配体制に対して変革志向を持つ集団、革新派が次々と誕生した。大川周明の猶存社もその一つである。大川周明は「復古革新派」として近代日本の西洋化に真正面から対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義あるいは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した。大川の生涯と思想を三つの視角から描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本ファシズムと大川周明
  • 第1章 若き社会主義者
  • 第2章 人生の転機
  • 第3章 アジア復興と国内改造
  • 第4章 破局への道
  • 第5章 東京裁判以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大川周明 : ある復古革新主義者の思想
著作者等 大塚 健洋
書名ヨミ オオカワ シュウメイ
書名別名 Ookawa shumei
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.12
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4121012763
NCID BN1362732X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96040139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想