ブルーノ・タウト

高橋英夫 著

一九三三年にナチスを逃れて来日、桂離宮を「日本美の極致」を具視したものと絶讃し、日光東照宮を「キッチュ(いかもの)」と評したドイツの建築家ブルーノ・タウト。三年半にわたる日本でのタウトの足跡を丹念に辿り、また「キッチュ」というドイツ語の語源に遡って、それが単なる否定概念ではないことを検証するなど、従来のタウト像に独自の光をあてる。"漂泊の人"タウトを感銘深く描いた名評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 別離の人
  • 1 「空白」としての存在
  • 2 まれびとの室ほぎ
  • 3 キッチュの発見-東照宮
  • 4 永遠とキッチュ-桂離宮
  • 5 石と水と木の世界-再び桂離宮
  • 6 「釣合い」を求めて
  • 7 日本の思い出-熱海・日向邸
  • エピローグ 洗心亭再訪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルーノ・タウト
著作者等 高橋 英夫
書名ヨミ ブルーノ タウト
書名別名 Buruno tauto
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.12
ページ数 307p
大きさ 15cm
ISBN 4061592068
NCID BN13614678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96022721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想