東北の港湾と産業振興 : 東北の港湾と産業振興調査委員会報告書

東北の港湾と産業振興調査委員会 編

[目次]

  • 東北の港湾と產業振興(東北の港湾と產業振興調査報告)
  • 目次
  • 御挨拶(内ケ崎会長) / p1
  • 序文(豊田委員長) / p2
  • 東北の港湾調査に寄せて(黒田運輸省港湾局長) / p3
  • 序言(根津主査) / p4
  • はしがき / p9
  • 第一、 東北地方輸送体系と港湾の機能 / p16
  • 一、 陸海輸送体系の概観 / p16
  • 二、 港湾の機能 / p20
  • 第二、 東北の港湾発達遅延の事由 / p21
  • 一、 若干の歴史的考察 / p21
  • 二、 近代的港湾としての自然的条件 / p22
  • 三、 後方圏(ヒンターランド)の経済力 / p23
  • 四、 前方圏との関係 / p24
  • 第三、 東北の外貿物資量と国際商港設置の必要 / p24
  • 一、 輸入物資量と運賃諸掛りの加重負担状況 / p25
  • 二、 輸出物資量と運賃諸掛りの加重負担状況 / p30
  • 三、 東北地方の輸出潜在力と将来の貿易物資量増大の想定 / p34
  • 四、 東北に国際貿易港の必要な理由 / p39
  • 第四、 主要港湾別にみた港勢の検討と将来計画の基本構想 / p41
  • I、 小名浜港 / p41
  • II、 塩釜港 / p52
  • III、 石巻港 / p67
  • IV、 女川港 / p73
  • V、 大船渡港 / p78
  • VI、 釜石港 / p87
  • VII、 宮古港 / p97
  • VIII、 八戸港 / p104
  • IX、 青森港 / p115
  • 附 尻屋岬港築港計画の概要 / p123
  • X、 船川港 / p123
  • XI、 秋田港 / p132
  • XII、 酒田港 / p140
  • XIII、 新潟港 / p149
  • XIV、 直江津港 / p161
  • 第五、 結論--港湾整備の目標と東北產業の将来相貌 / p165
  • 一、 荷役量想定の概貌 / p165
  • 二、 調査港湾別の整備目標 / p167
  • 三、 港湾整備の輸送経済的効果並に東北産業の将来相貌 / p173
  • 統計編
  • 第一表 東北地方主要貨物流動統計 / p176
  • (1~8東北六県発着陸海輸送別表)
  • 第二表 陸海運賃の推移と一般物価比較 / p186
  • 資料
  • 本調査委員会の趣旨、構成及経過 / p187
  • A、 設立の趣旨 / p187
  • B、 調査の要目 / p187
  • C、 本調査委員会の構成 / p189
  • D、 本調査委員会名簿 / p189
  • E、 本調査委員会経過報告 / p192
  • F、 最終現地委員会要録 / p193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東北の港湾と産業振興 : 東北の港湾と産業振興調査委員会報告書
著作者等 東北の港湾と産業振興調査委員会
書名ヨミ トウホク ノ コウワン ト サンギョウ シンコウ : トウホク ノ コウワン ト サンギョウ シンコウ チョウサ イインカイ ホウコクショ
書名別名 Tohoku no kowan to sangyo shinko
出版元 日本経済研究所
刊行年月 1951
ページ数 198p 地図
大きさ 26cm
NCID BN1359812X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52002939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想