石橋湛山著作集  1

長 幸男【編】;石橋 湛山【著】

本書は、石橋湛山の東洋経済新報社入社直後から昭和2年の金融恐慌にいたる間の経済論説37編を、おおむね時系列を追って問題別に編集している。昭和金融恐慌をはじめとして、コメ中心の農業政策、関東大震災後の都市建設、土地偏重主義、税と地方分権、国際収支・国際信用制度問題、政財界の道義のあり方等々、多彩な経済論のなかに、湛山の高いジャーナリズム精神と、リベラリズムに基づく「商工立国・小日本主義」という経済思想の全体像とを読み取ることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 帝国主義への警告
  • 2 民衆時代の経済思想
  • 3 第一次大戦後の諸問題
  • 4 労働運動への対応
  • 5 軍縮と世界経済
  • 6 新農業創造と地方自治
  • 7 昭和金融恐慌と対応策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石橋湛山著作集
著作者等 石橋 湛山
長 幸男
書名ヨミ イシバシ タンザン チョサクシュウ
書名別名 リベラリストの警鐘 : 経済論1
巻冊次 1
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1995.11
ページ数 368p
大きさ 20cm
ISBN 4492060812
NCID BN13571451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96010766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想