若槻礼次郎 : 平民宰相

尼子止 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 2
  • 平民宰相の試金石 / 2
  • 力の信者と正義の景仰者 / 13
  • 漸進主義者として / 23
  • 故郷の十九年(1) / 32
  • 貧乏士族の次男坊 / 32
  • 二大敎育家の出現 / 41
  • 小學生の新首相觀 / 46
  • 父の出征と母の急死 / 63
  • 幼兒は繼母の手に / 69
  • 群童の指揮者として / 74
  • 寬嚴偏せぬ繼母の心 / 79
  • 開運稻荷に日參して / 85
  • 宛然一の劇的シーン / 89
  • 故郷の十九年(2) / 96
  • 大宰相と小泉八雲と / 96
  • 識見超凡の能文家 / 101
  • 無邪氣なる腕白時代 / 109
  • 月給一圓半の小學敎師 / 113
  • 一諾千鈞の快男子 / 120
  • 「奧村はえらいぞ」の噂 / 132
  • 奔馬的の發奮と動機 / 138
  • 千萬人の味方を得て / 144
  • 上京-學生時代 / 152
  • いざさらば、故郷よ / 152
  • 士官學校には不合格 / 159
  • 令孃トク子の意氣 / 164
  • 一高最初の校旗々手 / 169
  • 範儔のスポーツマン / 176
  • 討論會の花形として / 182
  • 結婚ロオーマンス / 189
  • 主稅局長 / 194
  • 大學敎授の候補者 / 194
  • 妻子を伴ふて松山へ / 198
  • 佛法科出身の三秀才 / 206
  • 主稅局長に簡拔さる / 211
  • 愛酒家の禁酒勸吿狀 / 219
  • 大藏次官 / 224
  • 至誠純眞の双璧とは / 224
  • 知己は何處にありや / 230
  • 隨員中に西園寺首相 / 236
  • 英佛に特派財務委員 / 242
  • 實際上の藏相として / 249
  • 大藏大臣 / 256
  • 桂内閣の花形として / 256
  • 兩者の理想全く一致 / 261
  • 人格手腕兼備の藏相 / 267
  • 帝國學士院の桂公爵賞 / 281
  • 責任政治家の好典型 / 283
  • 政黨生活 / 286
  • 「得意冷然」「失意淡然」 / 286
  • 大臣橫町を引越して / 295
  • 二時間四十分の大演說 / 300
  • 來るべき機會に備ふ / 347
  • 春風絕えぬ家庭にて / 354
  • 内務大臣 / 360
  • 政黨出身の黨臭排斥者 / 360
  • 劃時代の法典完成す / 374
  • 「治安維持法」も改作して / 397
  • 地方自治權も亦擴張す / 403
  • 更に巨腕に待つもの / 414
  • 憲政會總裁 / 420
  • 議會半ばに凶報到る / 420
  • 三代目の總裁として / 425
  • 實生活と國民精神と / 436
  • 積極的發展を目標に / 441
  • 逆境に處する準備は / 447
  • 内閣總理大臣 / 454
  • 坦々步む政治の公明路 / 454
  • 「威望足らず」とは何か / 461
  • コントラストの妙味 / 468
  • 園公とのロオマンス / 478
  • 次の議會には經綸を / 483
  • 結論 / 496
  • 遊戱化せる政界革新 / 496
  • 政黨と金、黨費の捻出者 / 500
  • 政治屋無用の時代へ / 509

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 若槻礼次郎 : 平民宰相
著作者等 尼子 止
書名ヨミ ワカツキ レイジロウ : ヘイミン サイショウ
書名別名 Wakatsuki reijiro
出版元 モナス
刊行年月 1926
ページ数 511p 図版16枚
大きさ 23cm
NCID BN13512645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53010168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想