実用数学汎論

根来祥三郎, 関谷壮 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 圖學
  • 1 直線圖形 / p1
  • 2 圓 / p3
  • 3 圓錐曲線 / p3
  • 4 渦線及び擺線 / p8
  • 5 投象 / p13
  • 6 點及び直線 / p15
  • 7 平面 / p23
  • 8 軸測投象圖 / p34
  • 9 斜投象 / p38
  • 10 標高平面圖 / p40
  • 11 多面體の投象 / p44
  • 12 曲線と曲面 / p54
  • 13 立體の展開 / p60
  • 14 接觸面 / p67
  • 15 立體の斷面 / p72
  • 16 相貫體 / p75
  • 17 陰影 / p78
  • 18 透視圖 / p85
  • 19 圖解力學 / p91
  • 第2章 圖表學
  • 1 等尺 / p113
  • 2 函數尺 / p116
  • 3 二變數の計算圖表 / p119
  • 4 方眼紙 / p123
  • 5 共點圖表 / p124
  • 6 三角圖表 / p128
  • 7 直線座標 / p129
  • 8 曲線綜函數尺 / p134
  • 9 三變數の共線圖表 / p135
  • 10 三平行線共線圖表 / p136
  • 11 四個以上の變數に對する平行線共線圖表 / p142
  • 12 三つの支持線が皆直線で且つその二つが平行の場合 / p147
  • 13 組合せZ型共線圖表 / p151
  • 14 二平行線一曲線共線圖表 / p155
  • 15 斜交軸型共線圖表 / p157
  • 第3章 測定値の處理
  • 1 總論 / p163
  • 2 誤差 / p166
  • 3 Gaussの誤差法則 / p170
  • 4 實驗式 / p180
  • 5 統計表の處理 / p211
  • 6 計算尺の原理及使用法 / p229
  • 第4章 内挿法(補間法)
  • 1 逐次階差商 / p255
  • 2 一般内挿式(Newton及びLagrangeの一般内挿式) / p258
  • 3 逐次階差 / p262
  • 4 函數f(x₀+nω)の逐次階差 / p266
  • 5 等間隔引數に對する階差商 / p267
  • 6 等間隔引數内挿法に對する準備 / p269
  • 7 Newtonの内挿式 / p271
  • 8 Gaussの内挿式 / p277
  • 9 Stirlingの内挿式 / p295
  • 10 Besselの内挿式 / p298
  • 11 Everettの内挿式 / p301
  • 12 Steffensenの内挿式 / p304
  • 13 A.L.Pronyの内挿式 / p306
  • 14 逆内挿法 / p316
  • 15 外挿法 / p321
  • 16 内挿式の選擇について / p324
  • 第5章 數値微分法及び圖式微分法
  • 1 一般數値微分公式 / p329
  • 2 等間隔引數の場合 / p329
  • 3 Collatzの數値微分法 / p341
  • 4 圖式微分法 / p375
  • 5 用器微分法 / p378
  • 第6章 數値積分法及び圖式積分法
  • 1 内挿式より求めた數値積分公式 / p382
  • 2 平均値法 / p394
  • 3 Bernoulliの數とBernoulliの函數(多項式) / p430
  • 4 Euler‐Maclaurinの數値積分公式及びGregoryの數値積分公式 / p435
  • 5 數値積分公式の選擇について / p443
  • 6 圖式積分法 / p444
  • 7 プラニメータ(面積計,平面計) / p448
  • 附錄
  • 本文補註
  • 第1章 圖學 / p461
  • 第2章 圖表學 / p461
  • 第3章 測定値の處理 / p490
  • 第4章 内挿法 / p516
  • 第6章 數値積分法及び圖式積分法 / p517
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実用数学汎論
著作者等 根来 祥三郎
関谷 壮
書名ヨミ ジツヨウ スウガク ハンロン
書名別名 Jitsuyo sugaku hanron
出版元 フタバ書店
刊行年月 1954
ページ数 532p
大きさ 22cm
NCID BN1350580X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54010522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想