石井十次の生涯と思想

柴田善守 著

附: 岡山孤児院出身の人たち 碓井隆次編357-437p 参考文献: 353-4p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 刊行のことば 大原総一郎 / p1
  • 序 柴田善守 / p5
  • 第一章 石井十次の生涯とその思想 / p19
  • 第一節 明治十七年頃まで / p20
  • 第二節 明治十七年頃から二十二年頃まで / p22
  • 第三節 明治二十二年頃から三十年頃まで / p61
  • 一 孤児院の経営と孤児院教育 / p62
  • 二 東洋救世軍と岡山孤児院 / p85
  • 三 「エミール」と孤児教育 / p96
  • 第四節 明治三十年頃から四十年頃まで / p113
  • 一 孤児院経営と孤児教育の発展 / p116
  • 二 伝道事業 / p139
  • 第五節 明治四十年ごろから永眠まで / p146
  • 一 無制限収容の実践 / p148
  • 二 東洋伝道会と大阪事業 / p156
  • 三 茶臼原事業の発展とその思想 / p166
  • 四 大阪事業と石井晩年の思想 / p185
  • 第二章 石井十次の人間像 / p213
  • 追録
  • 一 岡山孤児院解散 / p247
  • 二 石井十次年表 / p304
  • 三 石井関係者略伝 / p328
  • 石井品子、石井辰子、石井祐安、石井真鉄、小野田鉄弥、河本乙五郎、小橋勝之助、管之芳、炭谷小梅、冨田象吉、留岡幸助、林源十郎、武用五郎兵衛、J・H・ぺテー、前原定一、増田彦四郎、百田孟一、西内天行、山本徳尚、渡辺亀吉
  • 参考文献 / p353
  • 後記 / p355
  • 付録
  • 岡山孤児院出身の人たち-その現況の調査- 礁井隆次編 / p357
  • 第一部 現況調査(宮崎植民地 ブラジル渡航者) / p357
  • 一 孤児院出身者 / p357
  • 二 見習生、農場学校 / p360
  • 三 植民地・三代教育 / p364
  • 四 調査の項目 / p370
  • 五 第I代の人々 / p373
  • 六 一族の人員と結婚 / p379
  • 七 職業・教育 / p387
  • 八 交際・宗教 / p395
  • 第二部 ブラジル渡航者の現況(松本圭一氏記) / p403
  • 一 孤児院時代の思い出と農場学校に対する感想 / p403
  • 二 渡航者たちの歩み(二十一名) / p411

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石井十次の生涯と思想
著作者等 柴田 善守
書名ヨミ イシイ ジュウジ ノ ショウガイ ト シソウ
出版元 春秋社
刊行年月 1964
ページ数 437p 図版
大きさ 19cm
NCID BN13486556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想