子どもをもつという選択

エリーザベト・ベック=ゲルンスハイム 著 ; 木村育世 訳

子どもがいても無理をせず、どうしたら自分の生活がもてるようになるだろう。困難の原因を探り、解決を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「自分自身の生活」、そのチャンスと強迫
  • 第2章 母性の歴史における個々の段階
  • 第3章 一九世紀末の女性と母親像
  • 第4章 現在にいたる-一九四五年以降の展開
  • 第5章 新たな決定状況-子どもがほしいかどうか、ほしいとすれば、いつ、どのようにして
  • 第6章 展望-女性、家族、子どもの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもをもつという選択
著作者等 Beck-Gernsheim, Elisabeth
木村 育世
Beck‐Gernsheim E.
ベック=ゲルンスハイム E.
書名ヨミ コドモ オ モツ ト ユウ センタク
書名別名 Die Kinderfrage
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.11
ページ数 241, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4326651873
NCID BN13472482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96022541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想