法の源流 : デルポイの神託と般若心経 インド・ヨーロッパ比較法思想史の試み

佐藤信夫 著

印欧比較思想法とは。デルポイの神託と般若心経は、実はまったく同一の内容を説いたもので、しかもその語源はすべての印欧共通語^gno‐から派生し、それぞれ西は古代ギリシア、東は古代インドに宗教法思想として伝播していった。古代法と世界宗教思想に共通する悠久の謎が本書には秘められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 司法神
  • 第2章 法の字源「〓〓」考
  • 第3章 ハンムラピ法典と旧約聖書
  • 第4章 条約(契約)法の本質-法の字源とPacta sunt servandaの成立 伝統的「契約法・条約法」の通説批判
  • 第5章 古代社会における「契約」の概念と「法」-原典史料の解読を通してみる比較法史学
  • 第6章 現代国際法と民族
  • 第7章 デルポイの神託と般若心経

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法の源流 : デルポイの神託と般若心経 インド・ヨーロッパ比較法思想史の試み
著作者等 佐藤 信夫
書名ヨミ ホウ ノ ゲンリュウ
出版元 芦書房
刊行年月 1995.11
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 4755611148
NCID BA60299359
BN13472314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96020647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想