ローマ皇帝とその時代 : 元首政期ローマ帝国政治史の研究

南川高志 著

[目次]

  • 第1部 皇帝政治の進展と社会構造の特質-紀元一世紀のローマ帝国(皇帝政治の進展と政治思潮の様態
  • 皇帝権力の確立と反皇帝行動の本質
  • ローマ社会の特質と政治支配層の実態)
  • 第2部 皇帝政治の安定と社会変動の進展-紀元二世紀のローマ帝国(五賢帝時代開幕の真相
  • 皇帝政治安定の真因
  • 皇帝位継承の秘密)
  • 第3部 社会構造の変動と皇帝政治の変貌-危機に向かうローマ帝国(対外的危機と政治支配層の変容
  • 皇帝政治の「伝統」とその破綻
  • アリストクラシーとしての皇帝政治の終焉
  • ローマ元首政の本質と専制君主政への道)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • はしがき / p1
  • 凡例 / p7
  • 序論 ローマ皇帝政治とは何か / p3
  • 第一部 皇帝政治の進展と社会構造の特質-紀元前一世紀のローマ帝国
  • 第一章 皇帝政治の進展と政治思潮の様態 / p27
  • 一 皇帝政治と自由 / p27
  • 二 アウグストゥスと自由 / p31
  • 三 恐怖政治の時代の自由 / p36
  • 四 対立する二つの自由 / p42
  • 第二章 皇帝権力の確立と反皇帝行動の本質 / p51
  • 一 哲学者の反皇帝行動 / p51
  • 二 反皇帝行動の性格 / p62
  • 三 反皇帝行動と弾圧の社会的背景 / p71
  • 第三章 ローマ社会の特質と政治支配層の実態 / p81
  • 一 ローマ社会の特質 / p83
  • 二 政治支配層の性格 / p95
  • 三 政治支配層の家族と家系 / p109
  • 第二部 皇帝政治の安定と社会変動の進展-紀元二世紀のローマ帝国-
  • 第一章 五賢帝時代開幕の真相 / p127
  • 一 五賢帝時代の特徴と評価 / p127
  • 二 ネルウァ治世の実態 / p132
  • 三 トラヤヌス政権成立の真相 / p138
  • 第二章 皇帝政治安定の真因 / p143
  • 一「暴君」ドミティアヌスの人と政治 / p145
  • 二「賢帝」ネルウァの人と政治 / p160
  • 三 トラヤヌスの政治と内政の安定 / p168
  • 四 皇帝政治と自由の「融和」 / p177
  • 第三章 皇帝位継承の秘密 / p185
  • 一 憎まれた賢帝ハドリアヌス / p187
  • 二 セリヌスの秘密 / p192
  • 三 トラヤヌス治世の有力者たち / p199
  • 四 ハドリアヌス政権の成立 / p209
  • 五 ハドリアヌスに帝位継承策 / p226
  • 第三部 社会構造の変動と皇帝政治の変貌-危機に向かうローマ帝国-
  • 第一章 対外的危機と政治支配層の変容 / p241
  • 一 マルクス・アウレリウス帝とマルコマンニー戦争 / p241
  • 二 ローマの戦争目的 / p245
  • 三 マルコマンニー戦争の対外的意義 / p255
  • 四 戦争の定刻内への影響 / p262
  • 五 政治支配層の変容 / p265
  • 第二章 皇帝政治の「伝統」とその破綻 / p279
  • 一 セプティミウス・セウェルス帝の人と政治 / p280
  • 二 皇帝と元老院の対立 / p297
  • 三 騎士身分登用の意味 / p307
  • 第三章 アリストクラシーとしての皇帝政治の終焉 / p319
  • 一 二三八年のローマ帝国 / p319
  • 二 アレクサンデル・セウェルス帝の統治 / p327
  • 三 二三八年の内乱の意義 / p340
  • 結語 ローマ元首政の本質と専制君主政への道 / p351
  • 註 / p361
  • あとがき / p441
  • 参考文献目録[略号一覧・史料・研究文献] / p19
  • 索引[人名索引(古代・研究者)/事項・地名索引] / p3

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマ皇帝とその時代 : 元首政期ローマ帝国政治史の研究
著作者等 南川 高志
書名ヨミ ローマ コウテイ ト ソノ ジダイ : ゲンシュセイキ ローマ テイコク セイジシ ノ ケンキュウ
書名別名 Roma kotei to sono jidai
出版元 創文社
刊行年月 1995.10
ページ数 447, 38p
大きさ 22cm
ISBN 4423460424
NCID BN13471446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96020540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想